栄枯盛衰

1週間ほどの間に、勤め先の近くにあった外食店が無くなってしまいました。
それほど古くはなかった店舗が跡形もなく解体され、今は駐車場の舗装を剥いで更地にしているさいちゅうです。
2、3年前の昼食時には広い駐車場も満杯になるほど流行っていて、最近でもそれなりにお客さんは入っていたと思うのですが。
栄枯盛衰世の習いと言われますが、外食産業の競争の厳しさは半端でないことを目の当たりにした感じです。
これだけの敷地があれば、またマンションが建てられるのでしょうか。
e0100772_22544830.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-06-14 22:55 | 札幌


<< 対話-花と老木 今年もヤグルマギク >>