栄枯盛衰-その2

札幌駅前にある旧西武デパートの解体工事が始まりました。
e0100772_21505134.jpg

旧西武デパートの前身は五番館デパートで、さらにその基は札幌興農園という種苗や農機具の販売会社で、明治27年(1897)でした。
北海道の開拓とともに歩んできた老舗が平成9年(1997)に札幌西武に変わって、ついには名残を留める建物も無くなって完全消滅という感じです。
そういえば、五番館と並んで地元デパートの雄であった丸井今井も、今は三越伊勢丹グループの傘下に下って余命を過ごしています。
これで、大丸、東急、三越と札幌にあるデパートは全て東京の支店になってしまいました。
「栄枯盛衰世の習い」とはいえ、北海道経済の沈下を象徴するような流れで、いささか寂しさが募ります。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-06-17 22:07 | 札幌


<< 海のパトカー シャガ >>