クラウド・ホール

記録的な豪雨を道内各地にもたらした台風と低気圧がようやく遠のいて、久しぶりに青空が見えました。
とはいえ、まだ時折り通り雨が嫌がらせのように降っていましたが。
そんな通り雨の合間の空を見上げると、雲の塊に丸い穴が空いていました。
穴の縁はうろこ雲となっていて、あたかも下から上に雲を突き破るような風が吹き抜けたように思われました。
夏と秋がせめぎ合うこの時期、大気の状態が不安定なために、いろいろと面白い雲をみることができます。
e0100772_2150179.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-09-07 21:50 | 空や雲など


<< 三角帽子がなくなった 特急「北斗」 >>