名古屋城

今回の名古屋への旅の最終日である3日、夕方の飛行機まで時間があったので市内観光をしようと考えていました。
ところが、月曜日はお目当てのトヨタ記念館やノリタケの森などの観光名所は全て休館日で、おまけに市内散策バスまで運休という有様でした。
しかたがないので、午前中いっぱい時間をかけて名古屋城を見物しました。
名古屋城といえば、金のしゃちほこで有名な天守閣です。
e0100772_223291.jpg

昭和39年、私が19歳の時に父と一緒に名古屋城を見に行ったことがありました。
今から47年前のことです。
太平洋戦争の空襲で消失した天守閣が再建されたのが昭和34年(1959)ですから、完成5年後のまだ新しい内の見物でした。
その時に撮ったモノクロ・フィルムが残っていました。
まだ植木が小さく、城の白壁も真新しい感じがします。
e0100772_2240195.jpg

名古屋城といえば定番のアングルからの撮影です。
観光写真の絵はがきと同じです。
屋根や板壁の部分の傷みが目立っています。
e0100772_22442273.jpg

昭和39年の時にはお堀に水が無く(現在もありませんが)、鹿が放されていました。
今回は鹿の姿は見えませんでしたが、もう飼われてはいないのでしょうか。
e0100772_22484292.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-10-08 22:50 | 旅行


<< 天守閣からの展望 曼珠沙華 >>