しょさんべつ天文台

今日で10月は終わり、明日からいよいよ11月です。
「アサヒカメラ」の付録で岩合光昭さんのカレンダー「猫にまた旅2011」も残りが2枚になってしまいました。
古来、暦は太陽や月、そして星の動きをもとに作られました。
電気の無かった昔は、さぞかし星空が綺麗だったことと思われます。
秋の夜長、時間がたっぷりとあった人は星空を飽かず眺めていただろうと想像されます。

初山別村は人口1400人足らずの小さな村ですが、立派な天文台があります。
しょさんべつ天文台のホームページには、「まわりになにもない・・・この贅沢 初山別村は星がきれいです」とあります。
65cm反射式天体望遠鏡が設置されているとのことで、そのうち機会をみつけて贅沢を味わいたいと考えています。
e0100772_21174223.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-10-31 21:19 | 旅行


<< 洋上の虹 無人駅 >>