アカガシワ

柏餅に使われるカシワは北海道から九州まで広く分布する木で、実はドングリと呼ばれます。
カシワの葉は秋になると茶色に変色するだけで、いわゆる紅葉とはほど遠い感じです。
また、葉は枯れても落葉しにくくて、冬になっても枝先にぶら下がった枯葉がかさかさと音を立てて、もの寂しさをかき立てます。
一方、アメリカ原産のアカガシワはその名の通り紅葉します。といってもモミジほどの鮮やかな赤ではありませんが。
北大のキャンパスに行けば、紅葉したアカガシワを見ることが出来ます。
e0100772_22174788.jpg

木に着いている葉はたしかに赤っぽく見えるのですが、地面に落ちている葉はまさしく茶色です。
在来のカシワと比べて葉の切れ込みが深いのと、明るい茶色なので、これはこれできれいだと思います。
e0100772_22214973.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-19 22:22 | 自然散策


<< 北大のイチョウ並木 ぶあいそ別邸 >>