東尋坊-その2

昨日は低気圧が日本海から北海道を縦断して太平洋側へ抜けたために、道央地域は大荒れの天気でした。
江別でも20mを超す風が吹き、視界が10mもないほどの猛吹雪でした。
幸い低気圧の足が速くて、ひどい天気は4時間くらいで、午後3時くらいには収まりました。
後には重たい雪の吹きだまりと、雪かきの仕事が残されていました。
今朝の4時過ぎには、この冬になって2度目の除雪車が入り、置いていった雪でふさがった車庫前を慌ただしくどかせてからの出勤でした。

今日も新しい写真がないので、古い在庫から先日の東尋坊へ行った時の続きをアップします。
日本海というと、重苦しい鉛色またはエメラルド・グリーンの色が思い浮かびますが、写真のようにきれいなマリンブルーの時もあります。
岩肌に設置された階段を降りると、観光船の船着き場です。
e0100772_21231458.jpg

東尋坊は府県の観光地らしくない広々とした景観でした。
遠くに見える島は雄島で、赤い橋は雄島橋とのことです。
絶壁に沿って作られた細い人道がスリル満点です。
e0100772_21273599.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-12-06 21:28 | 旅行


<< 浄土ヶ浜 生活発表会 >>