浄土ヶ浜

今日も写真がないので、在庫の中からのアップです。
スキャンしたネガカラーフィルムを見ていると、宮古市の浄土ヶ浜の写真がありました。
たしか昭和58年(1983)に仙台市での会議が終わった後に、友人3人とレンタカーで三陸海岸沿いに青森まで北上した時の撮影です。
鋭く尖った岩塊が連なって海に張り出し、その先は岩の小島になっています。
不思議なのは、それらの岩が全てきれいな白色をしていることで、そんな光景は初めてです。
この浜が浄土ヶ浜と呼ばれる由縁なのでしょう。
e0100772_21424057.jpg

入り江の反対側にも、これまた奇岩が並んでいます。
「剣の山」と呼ばれています。
浜には、やはり白い色の小石が一面に広がっています。
三陸海岸を代表する景勝地にふさわしい風景です。
しかし、ここも3月の地震と津波で大きな被害を受けたそうですが、「剣の山」を始めとする岩群は無事だったようです。
東北が早く復興して、この美しい自然を心置きなく楽しむことができることを願わずにおられません。
e0100772_21523059.jpg


禁煙期間が2週間を超しました。
今のところ、順調に禁煙できていると言いたいところですが、あくまでも補助薬の助けを借りてのことです。
今でも、頭の片隅にタバコの事を考えている部分があります。
いつになったら考えなくなるのでしょうね?
[PR]
by kitanonezumi | 2011-12-07 21:57 | 旅行


<< 朝焼けの空と駅 東尋坊-その2 >>