朝焼けの空と駅

サッポロファクトリーで開催されるイベントの手伝いのために早朝7時30分に集合とのことで、それに間に合うために大麻駅6時46分発の電車に乗りました。
犬の散歩、朝食、洗顔、身支度などの時間を入れると、5時には起床しなければならず、まだ真夜中の暗さです。
6時30分に自宅を出るころにようやく空が白んできました。
駅に着くころ、太陽はまだ地平線の下ですが、朝焼けの空が次第に赤みを増してきています。
e0100772_21301916.jpg

”夕焼けは晴れ、朝焼けは雨の兆し”との言い伝えもありますが、実際には好天と悪天の二通りあるそうです。
太陽が水平線から顔を出さないうちから、東の空が濃いピンクに焼け始める場合は好天が多いそうなので、今日は晴れかなと考えながら電車に乗りました。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-12-09 21:36 | 空や雲など


<< 降りしきる雪の街角 浄土ヶ浜 >>