白の水田

昨日に続いて今日も岩見沢方面は激しく雪が降っているようで、道央高速道が江別東-美唄の間で通行止めでした。
気象庁のレーダー画像を見ると、昨日とほぼ同じ形で石狩湾からの筋状の雪雲が流れ込んできています。
e0100772_2283791.jpg

昔から岩見沢は多雪地として知られていますが、12月中に1mを超す積雪は記録的だそうです。
まして、この数年の冬は不思議に岩見沢方面は降雪量が少なかったので、その変動の大きさにとまどっているようです。

筋状の雪雲が10kmほど南に下がるとちょうど江別にかかることになり、昨年の豪雪の二の舞になるところでした。
気まぐれとしかいいようのないちょっとした雲の流れ方の違いで、苦楽が逆転します。
岩見沢の人には悪いけれど、今年はそちらの番ということで諦めてもらうしかないと思われます。
といっても、冬はまだ始まったばかりで、これからどうなるか分からないので、気楽にはなれません。

昨日は国道12号線を走っている時、雪雲の範囲を抜けると、それまでの吹雪が嘘のような青空のいい天気になりました。
新雪が降った後の水田地帯の眺めが清々しく新鮮に見えました。
e0100772_22244537.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-12-17 22:25 | 風景


<< 雪景色 雪雲の先端? >>