雪の山

月並みですが、早やくも一ヶ月が過ぎて、今日から2月です。
ということは、今月を乗り切れば春が来るという事で、殊の外きびしい寒さのこの冬も後一ヶ月の辛抱です。
江別市の土木事務所が観測している累計降雪量は、一月末の時点でほぼ昨年並みで、平年より1m以上も多くなっています。
e0100772_2141229.jpg

平年よりも雪が多い上に、寒さも厳しいとは踏んだり蹴ったりの二重苦のようなこの冬ですが、愚痴っても仕方ないですね。
すぐ近くの公園が毎年の雪捨て場になっていますが、今年も大きな雪の山が出来てきました。
e0100772_21444717.jpg

昨年は暖冬傾向でしたので、途中に雨も降ったりしたため、積み上げられた雪があまりきれいではありませんでした。
今年はみぞれが一度あったきりで、気温はずっと低く経過していますので、雪の山もほぼ真っ白できれいです。
冬休み中は子どもたちのいい遊び場となっていましたが、最近はあまり姿を見かけません。
インフルエンザが流行の兆しをみせているので、あまりそとで遊ばないように言われているのかもしれません。
e0100772_21514499.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-02-01 21:52 | 街の風景


<< 団地の中も雪だらけ 空の軌跡 >>