函館・魚見坂

たいていの港町は坂が多いのですが、ご多分にもれず函館も坂が多い街です。
函館山から海に向かって何本もの坂があり、全部を踏破するには一日がかりかと思われます。
先日、函館を訪れた折には、函館どっく前から十字街までの電車通りから、いくつかの坂を下から見て歩きました。

函館どっく前の電車停留所を降りると、すぐ目の前にゆるやかな坂道があります。
函館山の最北部にあるいちばん端っこの坂らしいです。
e0100772_2245937.jpg


坂が始まる所によく目立つ新しい標識があって、「魚見坂」とあります。
すぐ横にもう一本の石の柱が立っていて、それには「新選組最後の地」と書かれています。
この場所に弁天台場があって新選組がたてこもり、明治2年5月15日に降伏した場とのことです。
函館と新選組、尊皇攘夷の時代が身近に感じられます。
e0100772_22191419.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-03-28 22:20 | 旅行


<< 函館、厳島神社 碁盤ネコ >>