函館、八幡坂

文化元年(1804)に坂の上に八幡宮を移した時から、この坂を「八幡坂」と呼ばれたとのことです。
もっとも明治12年の大火によって八幡宮も焼けてしまい、谷地頭町に移転したので、坂の名前だけが残っています。
坂の上からの函館港の眺望が素晴らしく、テレビのCMの場面にも使われるなど、観光スポットとなっています。
石畳の道路が異国情緒をただよわせています。
e0100772_23112917.jpg

八幡坂の下に、立派な柱のどっしりとした建物があります。
旧安田銀行函館支店の建物で、昭和7年に建てられました。
戦後、銀行としての役目を終えた後はホテルニュー函館として再利用されたが、現在は閉館しています。
函館市の景観形成指定建築物となっています。
このまま利用されずに朽ちていくのはもったいないと思われますが、こういった建物が函館にはたくさんあるので、函館市も悩ましいことでしょう。
e0100772_23175527.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-04-09 23:19 | 旅行


<< 函館、大三坂 函館、日和坂 >>