札幌祭り:神幸

6月16日、札幌祭りの最終日、南1条西4丁目の三越デパートのある交差点につながる道路が車両通行止めになっていました。
交差点の西側、円山公園に向かう道路を背にして4基の御輿が置かれて、大勢の人がその前に行列を作っていました。
正確には御輿ではなくて、鳳輦(ほうれん)という神様の乗り物だそうです。
普段は北海道神宮本殿に祀られている神様達が年に一度だけ市内に出てこられて、街の様子や人々の暮らしを見て回ります。
いうなれば神様の出張で、畏まって言えば神幸(かみのみゆき)です。
e0100772_2222222.jpg

それぞれの鳳輦(ほうれん)には、大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、明治天皇の4柱の神が乗っています。
この日だけは円山の北海道神宮に行かなくても、間近でお参りが出来るというわけで、たくさんの人が並んでいました。
e0100772_22291535.jpg

40数年前の学生時代に、学生寮のお花見の帰りにこの交差点で”ストーム”をやって市電を止め、怒られたことを思い出しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2012-06-20 22:35 | 札幌


<< 札幌祭り:休憩でホッと一息 札幌祭り:山車巡行 >>