旧花田家番屋

3日―4日と所用で留萌管内の初山別村に行ってきました。
残念ながら時間的に余裕が無くて、初山別村では撮影のチャンスがありませんでした。
その代わりに、今日の帰り道に小平町にある「旧花田家番屋」に寄りました。
日本海のニシン漁が最盛期の明治時代に建築されたニシン番屋で、国の重要文化財に指定されています。
e0100772_21512840.jpg

番屋の見学料は350円です。
果たして金額分の元は取れるか、と話しながら玄関に向かいます。
玄関の脇に一基の銅像が立っています。
遠目に見ながら友人は、二宮金次郎の銅像?と言ってましたが、間違いなのは明白。
e0100772_21542593.jpg

銅像の説明書が横にありました。
「東京鬼鹿会」から小平町の120周年を記念して贈られた像であることの由来が書かれています。
そして、「群来る(くきる)」という名の像であることも分かりました。
e0100772_2205466.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-08-04 22:02 | 旅行


<< 旧花田家番屋の内部 ルドベキア >>