浜松アクトタワー

JR浜松駅の東側に静岡県でいちばん高いビルが建っています。
地上45階建、高さ212.77mの政令指定都市浜松のランドマークとなっている超高層ビルです。
ホテル、オフィス、店舗などが入居する複合施設で、平成6年に竣工しました。
楽器の街である浜松を象徴して、ハーモニカを模したデザインだと紹介されていますが、云われればそのように見えます。
e0100772_22132533.jpg

高校を卒業するまで浜松で暮らしていましたが、こんな超高層ビルが作られるとは夢にも思いませんでした。
そういう点では日本の街々もずいぶんと激しく変貌したことを感じるとともに、同じ道を韓国や中国が歩んできていることを思います。
この先、日本や韓国、中国がどのようになっていくのだろうかと、アクトタワーを見ながら考えてしまいました。
[PR]
by kitanonezumi | 2012-09-11 22:22 | 旅行


<< 関東平野 オールド・クラシック・ピアノ >>