山寺・本堂

一般的には”山寺”でとおっていますが、正式には宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさん・あそかわいん・りっしゃくじ)という天台宗のお寺です。
平泉の中尊寺や松島瑞巌寺、青森恐山などと同じく慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられています。
石段を上った正面に根本中堂の古めかしい建物があります。
立石寺の本堂でもあり、重要文化財に指定されています。
e0100772_21252573.jpg

本堂の中には、慈覚大師作と伝える木造薬師如来坐像が安置されているそうですが、まず目につくのはそれとは違う木像です。
e0100772_21284159.jpg

近づいてみると、「招福布袋尊」とありました。
由来を見ると、自分の体のよくない部分を布袋像の体に触れることで良くなるという言い伝えがあるとのことです。
そのせいか、木像のいろいろな部分が撫でられて光っています。
e0100772_21332879.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-10-12 21:34 | 旅行


<< 芭蕉と山寺 山寺参拝 >>