浅草寺を拝観しました-その2

浅草寺の境内からも東京スカイツリーがよく見えました。
科学技術の粋であるスカイツリーと、信仰の証である提灯の列の取り合わせは妙です。
e0100772_20522336.jpg

本堂には大勢の参拝者が競うようにお参りをしていました。
外国人の観光客の姿もかなり見られましたが、彼らにとって日本の神社仏閣はどう写っているのでしょうね?
本堂に吊された提灯の大きさが人と比べてようやく分かります。
e0100772_20583144.jpg

本堂前に置かれた大きな香炉の周囲は、で焚かれている線香の煙を浴びている人でごった返しています。
身体の悪い箇所に煙を浴びると治ると云うことです。
一方、仏前にお参りする前に煙を浴びて身を清めるのだという説もあるそうです。
e0100772_2123155.jpg

五重塔はお釈迦様の遺骨を納めた仏舎利に起源があるとのことで、大きなお寺にはつきものですね。
浅草寺の五重塔は関東大震災による被害は免れたのですが、昭和20年の東京大空襲で焼失したそうです。
その後、昭和58年に鉄骨と鉄筋コンクリートの建物として再建されました。
五重塔は心柱による制震構造によって地震に強いというのはよく知られています。
東京スカイツリーも五重塔に倣って、心柱制震工法によって建てられています。
「温故知新」 古くからの知恵が現代科学と合体して活きている格好の例ですね。
e0100772_2184812.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-11-15 21:09 | 旅行


<< 浅草・花やしき 浅草寺を拝観しました >>