黄昏に浮かぶ富士

古き友たちとの再会を果たした翌日、成田空港から往路と同じLCCのジェットスターに乗りました。
15時25分発の予定でしたが、空港が混雑していたために30分以上も遅れて離陸しました。
晩秋の日没は早く、巡航高度に達したときは既に黄昏時となっていて、空はは落日の光に満ちていました。
その中に、遠く富士山がぽっかりと浮かんで見えました。
羽田から飛び立ったときに見た富士よりも近く、形も良かったので、ちょっとうれしく思いました。
e0100772_22562856.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2012-11-24 22:59 | 旅行


<< 日没寸前の東京湾 引退が決まった「赤電車」 >>