冠水したどんぐり橋

この冬に降った大雪が先週来の暖気で一気に融けて、自宅から駅までの途中にある沢では水が溢れていました。
普段は狭い排水溝の底をちょろちょろと流れているだけなのですが、今は一見して湿原のようにも見えます。
e0100772_21223251.jpg

水路の先に「どんぐり橋」と名付けられた橋が架かっていて、沢筋に近い住宅に住んでいる人たちが駅までの近道として使っています。
例年にない大量の融雪水のためにどんぐり橋が冠水してしまい、通行止めとなっていました。
今日、写真を撮りにそばまで行きましたが、水が少し引いてきたので、橋の表がようやく顔を出したようです。
まだ通行止めの表示は出ているのですが、やはり近道を求めて通る人はいます。
e0100772_21311856.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-04-10 21:32 | 自然散策


<< 春のプラットホーム ハクチョウたちの北帰行 >>