豊作の予感

先週の金曜日に所用で旭川と比布に行ってきました。
快晴で照りつける日差しがじりじりと肌を焼くように暑く感じられました。
春の不順なお天気で農作物の作柄が心配されていましたが、7月の好天と高温経過で水稲はの作況は平年並みになっています。

比布町の水田では、もう稲穂が垂れ始めていました。
8月に入っても連日の真夏日で、このままでいけば豊作が期待できそうです。
e0100772_2052712.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-08-08 20:53 | 風景


<< 北海道米のふるさと ガントリークレーンとコンテナ船 >>