出雲大社-神楽殿

最初に訪れたのは出雲大社です。
本殿にお参りする前にまず目につく大きな建物があります。 神楽殿です。
本殿と同じように朝夕のおまつりの他、御神楽や御祈祷が行われる場所だそうです。
e0100772_215949100.jpg

なんといっても巨大な注連縄(しめ縄)が印象的です。
長さ13・5メートル、太さは最大8メートル、重さ4・4トンと日本では最大級、今年、4年ぶりに懸替えられました。
e0100772_22133671.jpg

なんでも出雲大社のしめ縄は、他の神社のそれと違ってよじる方向が逆だそうです。
つまり一般的には右縫いですが、出雲大社をはじめ島根県は左縫いの「大黒締め」と言われる独特の注連縄が多とのことです。
また、一般的な参拝方法は「二拝二拍手一拝」ですが、出雲大社は「二拝四拍手一拝」と特異です。
e0100772_22185437.jpg

正面から見たら分かりませんが、奥行きもかなりあって、内部の大広間は270畳もあるそうです。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-07 22:22 | 旅行


<< 出雲大社-拝殿と御本殿 大山と箱庭の集落 >>