中国地方を横断-車窓の風景

ツァー二日目、島根県から中国山地を横断して広島県へ出ました。
松江自動車道から中国自動車道をバスはひた走ります。
北海道に住んでいる者には、車窓に広がる風景はとても面白く、見ていて飽きません。
いちばん目立つのは屋根です。
北海道の住宅は圧倒的にトタン屋根が多いのですが、府県では瓦屋根ですね。
中国地方では石州瓦(せきしゅうがわら)が多いとのことです。
e0100772_211518100.jpg

次に目につくのは、農家の家が立派なことです。
広い屋敷地にお城のような大きい家が建っています。
それほど農地が広くはないのに豊かな様子なのには驚かされます。
e0100772_2119663.jpg

山間の深い谷にそって家々が並んでいます。
今年も各地で集中豪雨に伴う山崩れが発生しましたが、こうした風景を見ると無理ないなと思わされます。
河川敷に立地している工場などを見ると、土地が狭いので仕方ないのでしょうが、危険と背中合わせのようです。
災害がなければのどかでいい所なのでしょう。
e0100772_21252863.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-15 21:26 | 旅行


<< 安芸の宮島とフェリー 利尻と風車とハクチョウと >>