安芸の宮島とフェリー

山陰の松江を出発したのが8時半頃で、広島県廿日市市宮島町に到着したのは11時過ぎでした。
厳島神社のある宮島へはフェリーに乗って行きます。
フェリーはJR西日本と広島電鉄の子会社である宮島松大汽船の二社が運航していました。
どちらもほぼ15分おきに発着しているので、会社を選ばなければ待たずに乗れるようです。
私たちが乗ったのは宮島松大汽船で、宮島口を出て約10分で宮島に着きます。
e0100772_20502482.jpg

安芸の宮島または宮島と云うのは通称で、厳島と呼ぶのが正式のようです。
島の最高峰は弥山(535メートル)で、その内懐に抱かれるように厳島神社があります。
遠くからでも有名な大鳥居が見えます。
e0100772_211064.jpg

島の人口は約1800人で、年間300万人を超える参拝客及び観光客が訪れるそうです。
二社のフェリーがフルに運航しても十分に採算がとれるはずですね。
e0100772_216783.jpg


台風26号の接近に刺激されてか、道内の各地で初雪が降りました。
帯広の方では積もるほど降ったそうで、平年と比べると10日以上も早いとのこと、
江別では初雪にこそなりませんでしたが、冷たい雨が朝から夜まで降っていました。
冬が間近なことを痛感させられます。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-16 21:11 | 旅行


<< 厳島神社-大鳥居 中国地方を横断-車窓の風景 >>