ケヤキとイチョウ

e0100772_21344343.jpg


札幌の北五条西八丁目の交差点です。
ケヤキとイチョウがともに色づいて秋の深まりを見せて立っています。
柵の向こう側は知る人ぞ知る「伊藤邸」(伊藤組土建名誉会長の私邸)です。
100m四方の広い敷地には、開拓当時に持ち込まれた樹種や手付かずの状態の原生林が残されています。
ケヤキとイチョウは持ち込まれた方の樹です。

この敷地の3分の2ほどが札幌市に寄贈された上で保全を前提に活用法が検討される一方、
残りの敷地には高層マンションの建設が計画されているとのことです。
札幌の古い景観がまた一つ消えていくことになるようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-06 21:51 | 札幌


<< 最後の一輪 ピーコック噴水 >>