浜松城

e0100772_21333781.jpg


元亀元年(1570年)から天正14年(1586年)までの17年間、徳川家康が29歳から45歳まで住んでいたのが浜松城です。
写真は天守閣で、1958年に鉄筋コンクリート造りで再建されましたが、野面積みの石垣は元のままです。
江戸時代になってから歴代城主の多くが後に幕府の重役に出世したことから「出世城」といわれました。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-07 21:45 | 旅行


<< お城の交番 峻険な峰と沢 >>