御神木

古い歴史のある神社にはたいてい御神木がありますが、霧島神宮にもありました。
我が家の子どもの身長は約121cmですが、御神木の前に立つと小さく見えます。
e0100772_21401042.jpg


樹種は杉、樹齢800年と書かれていますので、鎌倉幕府が成立した西暦1200年ころに植えられた、または自生したものと思われます。
e0100772_2203439.jpg


霧島神宮の始まりは西暦600年と言われています。
これまでに社殿が何度となく火災に遭っているとのことですが、いずれも噴火の巻き添えによる炎上らしいです。
霧島山にあるいくつもの火山に囲まれていることから、仕方のないことなのでしょう。
御神木は度重なる噴火を生き延びて霧島神宮の歴史を見てきたものと思われます。
見上げると厳かな気持ちになります。
e0100772_22322447.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-11-03 22:33 | 旅行


<< 幕末の有名人が見た景色 霧島神宮 >>