劇的な夕焼け

これまでに数限りなくいろいろな夕焼けを見てきた中で、最も劇的だと感じた夕焼けをアップします。平成13年に中標津で出会ったものです。日が沈んだ後のほんのわずかな間でしたが、雲が黄金色に輝きました。道東地域は、とくに秋から冬にかけて夕焼けがとてもきれいな所です。空気が澄んでいるからなのでしょうか。とは言っても、この時のような夕焼けにはそれ以後、出会っていません。
e0100772_22295867.jpg

(Pentax SP MacroTacmar 50mm、ネガカラーフィルムからスキャン)
[PR]
by kitanonezumi | 2006-10-24 22:36 | 空や雲など


<< 雲の形の不思議-猫の雲 ビルの谷間のほのかな夕焼け >>