雲の形の不思議-猫の雲

今朝はこの秋一番の冷え込みで、強い霜が降りていました。道央地域ではまだ初雪は降っていませんが、時間の問題で、この次の雨は雪に変わるかもしれません。
仕事で眼が疲れるとよく窓の外を見ます。晴れていれば空の青さが、雲があればその形が眼と頭の疲れをほぐしてくれます。今日の空には不思議な姿の雲が浮かんでいました。蜘蛛の巣のような、または雲の固まりが弾けたような感じです。
e0100772_21154528.jpg

もう少し引いて見ると、あれれ・・・違った形に見えてきました。これは猫が尻尾を立てて走っている姿によく似ていると、私は思いました。
e0100772_21202880.jpg

しばらくしてから今度は東の空を見ると、またまたおかしな形の雲がありました。筋状の雲が互い違いに反対の方向に流れているように見えます。おまけに下の方の雲には風紋のような横筋が入っています。まったく雲は毎日ちがった表情で、見てあきることが無いですね。
e0100772_21295192.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2006-10-25 21:31 | 空や雲など


<< 思い出の掘り起こし 有珠での合宿 劇的な夕焼け >>