サロベツ原野での調査-その4

当時のサロベツ原野は、手つかずの自然がまだ多く残されていて、あちこちで目をみはる美しい景色に出会うことができました。一方、開発局による放水路の整備や排水工事が進むにつれて地下水位が下がり、結果として農地として使える場所が増えるかたわら、自然の植生が衰退する場所も出てきました。自然保護を訴える人々や団体の働きかけもあって、昭和49年(1974年)に利尻・礼文の2島とともに国立公園に指定されました。昭和58年(1983)から環境庁によってサロベツ湿原の保全事業の研究と対策が実施されています。
一度失われた自然を元通りに復元するには多くの年月がかかります。そのため、闇雲に開発を進めるのは考え物ですが、かといってそこで生活する人達の暮らしを考えることなく、ただ自然保護を訴えるのもいかがなものかと思います。とくに国策として開拓に入ることを誘導された農家に対して営農が成り立つための支援を何もしないのは無責任です。明治以来、不毛の大地を相手に血の滲むような努力を重ねながら、空しく去っていった農家は数え切れません。
自然をそのまま保全していっさい手をつけないのがいいのならば、極論になりますが、明治からの北海道開拓そのものが間違っていたのだとも言えます。ありきたりではあるけれど、人の暮らしと自然との共生の道を、試行錯誤を重ねながら探っていくことが必要だと考えます。

ちょっと堅苦しくなってしまいましたが、サロベツの美しい風景で気分直しをしたいと思います。
サロベツ川にかかる橋です。木造でなかなか見栄えのする橋ですが、今はもう架け替えられているのだろうと思われます。
e0100772_22514545.jpg

サロベツ川の夕景です。暮色に光る川面と、遙かに見える利尻山が印象的でした。
e0100772_22551975.jpg

稚咲内の浜から見える利尻島の姿が美しく旅情を誘います。
e0100772_22571979.jpg

利尻島をバックに、柄にもなく旅情にひたっている姿の記念写真です。
e0100772_22594593.jpg

(Asahi Pentax SP、Takmar50mm)
[PR]
by kitanonezumi | 2006-11-13 23:01 | 学生時代


<< それぞれが家族の一員-我が家の... サロベツ原野での調査-その3 >>