合掌造りの白川郷-その1

今年の9月に世界遺産に指定されている合掌造りの白川郷に行きました。テレビなどで何度も見て知っているつもりだったけれど、予想以上に奥深い山里だったことと、観光客がたくさん来ていたことと、文化遺産とはいえ生活感に溢れた現実の住まいとして使われていることなどに驚かされました。歴史の重みを背負いながらしたたかに生きているたくましさを感じました。
白川郷のメインストリート、山が間近に迫っています。
e0100772_22283119.jpg

手作り風の民芸品がいっぱいのお土産屋さん
e0100772_2230455.jpg

4階建ての合掌造りの家、洗濯物が生活の場であることを示しています。
e0100772_22322279.jpg

道端に祀られていた大木に彫られた菩薩さま
e0100772_22343685.jpg

街筋に沿って流れる庄川は見事なにコバルトブルーです。
e0100772_22454774.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2006-11-23 22:47 | 旅行


<< 合掌造りの白川郷-その2 サロベツ原野での調査-補足 >>