吹雪の後の野幌森林公園-続き

昨日の続きです。林道には積雪を踏みしめた道がついているため、長靴のつぼ足でも問題なく歩くことができました。途中、クロカン・スキーで歩く人に出会いました。もっと雪が深くなれば、スキーでなければ奥に入れないのでしょうか。
雪の重みで枝先が道に垂れ下がっています。雪の回廊を歩いているような気がします。
e0100772_22481352.jpg

枝先までびっしりと雪が張り付いています。
e0100772_22503259.jpg

時折り聞こえる小鳥の声以外は静寂そのものの林内を一人歩いていると心が洗われる思いがします。
e0100772_2385843.jpg

コントラストの強いモノトーンの木立を通して、かすかに夕陽の光が漏れてきています。
e0100772_23105874.jpg

荘厳な門の向こうにはどんな世界があるのだろうか、とおもわず錯覚に陥りそうです。
e0100772_23133556.jpg

明日、もう一回この続きをアップしたいと思います。
(Canon Eos30D,EFS17-85mm)
[PR]
by kitanonezumi | 2006-12-09 23:15 | 自然散策


<< 吹雪の後の野幌森林公園-終わり 吹雪の後の野幌森林公園 >>