雪に映えるベニシタン

今年の冬は年が明けても雪が少なくて楽をさせてもらえると喜んでいたのだが、とうとう降られてし
まった。土曜日の夜から日曜日の午前中にかけて30cmほど積もった。気温が低かったのでサラ
サラの軽い雪だったのがせめてもの救い。
昼間には除雪車が入らないので、地上高の低い乗用車などは腹をこすりながら雪を漕いで走って
いる。
e0100772_21174331.jpg

庭のイチイの木のてっぺんに雪が積もって帽子を被っているよう。
e0100772_2120211.jpg

ベニシタンの赤い実が真っ白な雪に映えてとてもきれいだ。同じ赤色でもナナカマドの実は野鳥が
食べるのに、ベニシタンの実は見向きもされずにずっと残っている。きっと美味しくないのでしょ
うね。
e0100772_21233088.jpg

ベニシタンは中国が原産で、日本には1925年に移入されたとのこと、挿し木が容易なので鉢植えや庭木としてよく見かけます。
e0100772_21254121.jpg


(Canon EOS 30D, EFS 17-85mm)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-01-15 21:39


<< 山スキー:春香山 通勤電車-クハ711 >>