大雪の朝

「雪が少なくて困った」だの、「除雪費が節約できて助かる」などと言っていても、降る時にはきっちりと降って、最後にはちゃんと帳尻を合わせる
のではないかと思われるくらい、昨日の雪はすごかった。この時期としては珍しく南から雪雲が次々と入ってきて、石狩と胆振、後志に大雪をも
たらした。千歳空港は午後から全面閉鎖で、全便欠航とのこと。足止めをくった人が大勢いたらしいが、年末・年始でなかったのがせめてもの
救いか。結局は、札幌の降雪量が最も多くて30cmも積雪深がアップして、平年値に近づいたようだ。
南から入ってきたために重い湿った雪が降り、電線や木々の枝にびっしりと着雪し、朝の景色はとてもきれいだった。仕事をさぼって、カメラをか
かえて歩き回って写真を撮りたかったけれど、そうもいかずに出勤途中で慌ただしく数枚だけ。
e0100772_22582522.jpg

e0100772_22583854.jpg

e0100772_22584917.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-01-30 22:59 | 札幌


<< 屈斜路湖砂湯の白鳥-羽ばたき三態 冬の幼稚園、お帰りタイム >>