雪原で上げる熱気球

平成14年(2002)の冬、根室地域の活性化を目指す有志グループが雪原での熱気球を上げる試みにチャレンジした。珍しい物好きの私は、勇んで会場
に出かけた。夏には広々とした緑の牧草地が、白一色の大雪原になっていた。
e0100772_22583986.jpg

まず、気球を広げて端から熱風を吹き込んで膨らませる作業に取りかかる。
e0100772_231726.jpg

少しずつ膨らんできた気球の大きさにびっくり。
e0100772_23239.jpg

半分くらいが膨らんで来て、浮かぶまではもう少し。
e0100772_233323.jpg

ようやくいっぱいに膨らんで浮かび上がった。
e0100772_2343656.jpg

いよいよ待ちかねた離陸。風が強く安全のために係留ロープをつないだままで上昇。
e0100772_2362875.jpg

澄み切った青空に浮かぶ色鮮やかな熱気球、心が躍る眺めだった。
e0100772_23102483.jpg

この日は強い風が治まらず、体験飛行は中止されたのだが、真っ白な雪原と抜けるような青空をバックに浮かぶ色鮮やかな熱気球を見られ
ただけで十分満足できて、寒い中を行った甲斐があった。
(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-02-06 23:16 | 乗り物など


<< 巨大な鮭の頭 吹雪の痕 >>