団地内道路の排雪作業

毎年の冬のことだが、団地内の道路は一車線の交互通行しか出来なくなる。もともと幅が7mしかない狭い道路だが、10cm以上の降雪がある
度に除雪された雪が両側に積み上げられて、徐々に道幅が狭くなっていく。住宅の敷地内の雪を道路に投げ捨てる人もいたりして、ますます狭
くなる。除雪作業は市がやってくれるが、排雪まではしてくれない。毎年2月頃に町内会が市からロータリー車の供与を受けて排雪作業をする
ことになっていて、その日が待ち遠しく思える。ところが余り早い時期に排雪をして、その後に何度も雪が降るとすぐに狭くなってしまい、春の
雪解けまでそのまま我慢することになってしまうので、排雪作業をいつにするかが町内会役員の悩みの種となっている。
今日は隣の町内会で排雪作業をしていた。我が町内会は来週末の予定となっている。
e0100772_23361311.jpg

e0100772_2336522.jpg

e0100772_23374370.jpg

e0100772_23382196.jpg

(Canon EOS 30D,EFS17-85mm IS、PLフィルター使用)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-02-17 23:40 | 街の風景


<< 休日のお散歩写真 吹雪の中を通り過ぎる特急電車 >>