農業試験場と白樺並木

中標津にある農業試験場は昭和2年に設置されて以来、根釧地域の開拓・発展とともに歩んできた。敷地の中を縦断する道路の両側に白樺が
植えられ、やがて見事な並木となって四季折々の姿が町の人達に愛されてきた。苗木の時から数えると既に樹齢80年に近く、弱って倒れる木も
増えてきた。役場では代わりの若木を間に植栽し、世代交代の時期も遠くないと思われるが、今しばらくは頑張って欲しい。
e0100772_22293199.jpg

農業試験場の庁舎も14年に場所を移して新築され、元の庁舎は取り壊される運命のところを、町の人達の力で町づくり活動の拠点として「伝成館」
の名で今しばらくの間、命を長らえることとなった。経済的合理性のもとで古いものが次々と姿を消していく中で、幸せな建物である。
e0100772_22394652.jpg

(平成14(2002)年2月6日、Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-02-22 22:45 | 風景


<< 尾岱沼のカラス プラタナス-鈴懸の木 >>