早春の北海道半周紀その4:まだクッチャロ湖

4月18日、朝8時、出発前にホテルウィングの周辺を散策した。ホテルの裏庭になにやら怪しげな人物像が立っている。先住民族を表しているらしい。
e0100772_2361329.jpg

e0100772_2363967.jpg

ホテルのある高台から湖畔へ降りていく途中で、一株のザゼンソウを見つけた。
e0100772_238555.jpg

湖畔には沢山の数のオナガガモとオオハクチョウが集まっていた。
e0100772_23143945.jpg

この湖では渡り鳥に餌付けをしている。給餌をするために桟橋があって、そこにもカモが餌をくれるのを待っていた。給餌時間は10時30分とのことだ。
e0100772_23171285.jpg

桟橋の左手にも、沖の方にも沢山の鳥たちが朝食の時間を待っていた。
e0100772_23192484.jpg

(Nikon Coolpix E995)
明日から一泊で日高、胆振を回ってくることになっている。早く寝なければ。
[PR]
by kitanonezumi | 2007-04-25 23:22 | 旅行


<< 早春の北海道半周紀その5:オホ... 早春の北海道半周紀その3:浜頓... >>