早春の北海道半周紀その6:清里から中標津へ

4月16日、国道334号線を通って大空町から斜里町へと走る。斜里に入る手前、海別岳が前方に大きく広がっている。車を止めてもらってシャッターを切る。
この山は根釧側から見たのとは全く違った姿をしているが、美しいことには変わりがない。
e0100772_2234414.jpg

海別岳から右に目をやると斜里岳が見える。海別岳の優美な姿とは異なって、斜里岳は嶮しく男性的な山容をしている。
e0100772_22384348.jpg

「緑工房しゃり」のある場所から写した海別岳。時間があれば夕陽が沈むまで待って、アーベント・ロートに染まる山肌を見たかった。
e0100772_22473269.jpg

日没に追われるように清里から裏摩周を抜ける道道をひた走り、中標津に入った。市街地まであと少しの場所で日没を写す。根釧原野の広さを実感する。
e0100772_22522867.jpg

この日の宿はホテルマルエー温泉。ビジネスホテルなのにいい温泉があるので、いつも混んでいる。
(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-04-28 22:55 | 旅行


<< 滝川で見た青い空と白い雲 早春の北海道半周紀その5:オホ... >>