滝川で見た青い空と白い雲

北海道を半周した旅は4月20日が最終日。中標津から別海、浜中、標茶と走って釧路空港からHACに乗り新千歳空港に着いた。3泊4日に渡っての
ドライブは、自分で運転したわけではないけれどやはり疲れた。しかし、各地の春の様子を直に見ることが出来、北海道の広さと、そこで営まれている
農業の多様さを肌で感じられた。季節を変えて再訪するとまた面白いと思われる。
週末をのんびりと過ごした後、4月23,24日と1泊2日で空知と上川管内を回った。こちらもかなりの強行軍で、写真を撮る機会が余り無かったのが残念。
岩見沢、奈井江に寄って滝川で昼食を摂った後、訪問先との時間調整の合間、抜けるような青い空と綿菓子のような雲を写した。
e0100772_22345536.jpg

e0100772_2235636.jpg

e0100772_22351856.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-04-29 22:36 | 空や雲など


<< 幌加内から美深まで:車窓からの景色 早春の北海道半周紀その6:清里... >>