美深温泉にて:白鳥たちの渡りを見る

4月24日、昨夜と今朝の2回、美深温泉の湯にゆったりと浸かって疲れは皆無。露天風呂はないもののサウナが付属している浴室はゆったりと
していて清潔だ。肌がつるつるになるような気がする。ここはチョウザメの飼育で知られているが、キャビアは出なかった。夕方は地元の人が多く
来ていた。
e0100772_22252685.jpg

温泉の周囲は沼で囲まれていて、一本の橋で国道と繋がっている。ちょうど道の駅「美深」の裏手に当たる。道の駅のレストランのカレーは本格的でなかなか美味い。
e0100772_22295391.jpg

沼の名前は「美深温泉沼」というらしい。カモの群れが岸辺近くにいたが、寄っていくと遠くへ泳いで行ってしまって種類は分からなかった。
この沼にはハクチョウの姿は無かった。
e0100772_2234937.jpg

昨日、美深に着いた時、雪の消えかかった水田や畑に数え切れないほど多くのハクチョウを見た。浜頓別のクッチャロ湖で見た何十倍もの
数だ。どうやら美深はハクチョウたちの北の集結地らしく思えた。今朝も幾つもの群れが次々と温泉の上を飛び去っていく。ただし、北の方角
ではなく南へ向かっていく群れがほとんどだ。まだどこか寄っていく場所があるのだろうか。
e0100772_23111163.jpg

e0100772_2311447.jpg

e0100772_23115850.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-05-01 23:13 | 旅行


<< 美瑛の丘から十勝連峰を撮る 幌加内から美深まで:車窓からの景色 >>