車窓から眺めた樽前山

4月27日、2週間あまりを費やした道内一週の旅もこの日が最終日だ。前夜に宿泊した浦河インを9時に出発し、国道235号線を苫小牧方向に
向けて走る。静内、新冠、平取を経て鵡川から新日高高速道路に入る。沼ノ端西ICまでは無料区間なので、それまで国道を走ってきた車が
高速道路に乗り入れる。現金なものだ。対面交通区間が多いのでそれほど早く走れるわけではないが、信号がないだけにストレスが少ない。
日高管内を縦断する国道235号線が普段でもあまり早く走れず、バイパスも整備されていないので、高速道路の利用価値は高いので、有料
になっても交通量はそれほど大きくは減らないかもしれない。
苫小牧に近づくにしたがって樽前山が大きく見えてくる。山頂部分の残雪が日光に反射している。この方角から見る樽前山も珍しくていい。
e0100772_23234946.jpg

e0100772_23252813.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-05-05 23:26


<< 生きる 光る噴火湾:道央高速道、有珠山... >>