オオカメノキ

平岡公園には梅園を囲むように広い林がある。広葉樹が多いので、秋の紅葉もきれいだと思われる。林の中に白い花をつけた木があった。
新緑を背景に浮き立って、よく目立つ。オオカメノキ、またの名をムシカリともいうらしい。中央に小さな両性花の群れがあり、それを囲むように
大きな白色の中性花(飾り花)がある。アジサイと同じようだ。オオカメノキという名の由来は、葉が大きく亀の甲のように見えるから、ムシカリの
名は葉がよく虫に食べられることからと、家に戻ってから見た植物図鑑に書いてあった。かみさんがこの花をとても気に入って、我が家の庭に
欲しいと言うけれど、「やはり野におけスミレ草」で、林の中にあるからきれいに見えるのではないかとも思われる。
e0100772_22395398.jpg

e0100772_2240674.jpg

(Canon EOS 30D、EFS 60mmF2.8MACRO)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-05-15 22:41


<< マンションのお化粧直し 平岡公園の梅林:白梅 >>