霧の夕暮れ

昨夜からの雨は明け方には峠を越したものの、夕方まで霧雨が降ったり止んだりのうっとうしい一日だった。もっとも霧雨と言っても、根釧の霧雨
に比べたら如何ほどでもない。根室・釧路では6月から9月くらいまで3日に1日くらいの割で霧がかかる。街全体が白いベールに包まれたように
なって、その中を歩くといつの間にか身体が濡れている。霧の粒が顔に当たるのを感じるような気がする。地元の人達はそんな霧を「ジリ」と呼ぶ。
街灯や車のライトがぼんやりと浮かぶ景色はそれなりにきれいに見えるけれど、牧草の収穫にとってはとても厄介なのだ。「ジリ」があるために、
根釧地方では良い乾草が作れずにサイレージにして牛たちに食べさせているのだ。
e0100772_084020.jpg

e0100772_085384.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-05-27 00:10 | 風景


<< 満天星-ドウダンツツジ ベニシダレ-流れる葉 >>