ナナカマドの花

5月も明日で終わり。暑さを感じる日があったかと思えば、次の日は寒かったり、寒暖の差が激しい落ち着かない月だった。九州ではすでに36℃
を超す猛暑日があったという。狭い日本といわれるが、南北でこれだけ大きな気温差があると、飛行機で一気に移動すれば身体が順応するのも
追いつかないのではと思う。気象庁が新しく決めた「猛暑日」の出番が早々にあった。地球温暖化が進んで、40℃以上の「酷暑日」を決める時も
そんなに先ではないか?
ナナカマドの花がちょうど盛りになってきた。密に群がった白い花が、緑に映えてきれいだ。秋になって赤い実になるのかと思うと不思議だ。
e0100772_2372492.jpg

e0100772_2374011.jpg

(Pentax Optio-S)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-05-30 23:08


<< ハウチワカエデ-天狗のうちわ 一頭が二頭になって帰ってきた >>