石狩平野の日没

今朝の6時に打ち上げ花火の音で目が覚めた。延期になっていた小学校の運動会が、今日は開催するよ、と知らせる合図の花火らしい。
朝からすっきりと晴れ上がって、絶好の運動会日和だ。日の当たっているところを歩くと、少し汗ばむくらいに暑いのに、日陰にはいると涼しくて、
爽やかな風が心地いい。まさしく、これが6月の北海道だと思う。
夕方、夕焼けの写真を撮りたくて、団地の外れに行った。あいにく雲がほとんど無くて、いい夕焼けは期待できそうにない。代わりに地表近くに
スモッグまがいの靄が濃くただよっていた。orz
低いピラミッドのようなシルエットは、モエレ沼公園に作られた標高62mのモエレ山だ。
e0100772_22582380.jpg

e0100772_2341522.jpg

e0100772_22585561.jpg

(Canon EOS 30D、EFS17-85mm IS)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-06-02 23:01 | 空や雲など


<< 「飛びもの」を撮る練習 スズラン-君影草 >>