西別岳-その3

口先だけできれい事をいっても、やっている事は党利、党略。自分たちの都合のいいように数の力でごり押ししている。国会の会期を延長しても
何の審議もせず、議員もいない。それでも会期中ということで1日に1億円以上もかかるとのこと。投票日を1週間ずらしただけで、どれだけの
税金が無駄になったのか。1週間の時間稼ぎをして、人々の怒りをそらせることができるなんて、もうそういう状況ではないと思うのだけれど。

気分の悪い事はさておいて、今日も西別岳のきれいな花と景色で気持ちを静めたい。
マルバシモツケ
e0100772_22354656.jpg

ミヤマオダマキ
e0100772_22364888.jpg

イソツツジ
e0100772_22372073.jpg

山頂付近ではあんなに霧が濃かったのに、下に降りてきたらやっぱりきれいに晴れていた。
e0100772_22385170.jpg

山頂の下の付近で、一人用のテントが張られていて、女性が中にいた。泊まったとは思えないけれど、早いうちに登ってきて一人静かに心を
休めているように思われた(なぜ、女性とわかったか?通りすがりに携帯電話で話している声が聞こえたから)。そんな時に、またもや拙い歌が
頭に浮かんだ。
* 山頂にテントを張りて時過ごす女(ひと)の心は癒されたるか
お粗末^^;
(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-05 22:50 |


<< 西別岳:名前の判らない花 西別岳:リスケ山 >>