西別岳:名前の判らない花

いよいよ梅雨前線が活発化して、九州では大雨が降っている。四国では渇水状態の緩和になるのかもしれないが、まだ明日も降り続くようなので、
大きな被害が出なければいいと思う。梅雨前線と台風は災害をもたらす半面、日本列島に水をもたらしてもくれる。被害が出ない程度に雨を降らして
くれればいいのにと思うけれど、自然は人間の都合はおかまいなしなのがつらいところだ。

西別岳に登った時の写真も今日で終わり。本当に高山植物の種類が豊富で、シーズンに行けば多くのきれいな花を見ることができる。咲いている
花を手当たり次第に撮って、図鑑やインターネットで名前を調べるのに時間がかかる。植物の知識がないと、調べるための手がかりも少ないので、
図鑑を始めから終わりまで見ていく事になる。そこに載っていない時にはお手上げだ。未だに名前が判らない花が3種類ある。アップしておけば
そのうち誰かが教えてくれるかも知れない、と虫のいいことを考えて・・・^^

(さっそく「北の端っこから 日記2」の瑠璃さんが全部の名前を教えてくれた。多謝!)
チシマゼキショウ
e0100772_22523128.jpg

オオカサモチ
e0100772_22524844.jpg

カラマツソウ
e0100772_2253036.jpg

登りで体力のほとんどを使い果たした身には、「がまん坂」の下りがまた一段とつらかった。この日の反省として、もっと日頃から運動して身体を
鍛えなければ、と思ったのだが、その決意も長続きはしなかった。orz
e0100772_22561338.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-06 22:56 |


<< 夏の団地 西別岳-その3 >>