留萌市黄金岬

47年ぶりの黄金岬、周辺の環境はすっかり変わってしまって、かつての面影はまるでなかった。と言っても当時の様子がどうであったのか、
あまりよく覚えていないのだけれど。ただ、岩場の海岸だったということ、潮溜まりで蟹や小魚を追いかけて遊んだことは記憶に残っている。
その岩場、潮溜まりは昔と変わっていないのだろうと思う。岩だらけの海岸だから、海の水も澄んでいてきれいだ。こんな場所に来ると、大人も
すっかり童心に還るようだ。
e0100772_20521844.jpg

e0100772_20523620.jpg

e0100772_20524978.jpg

e0100772_2053226.jpg

(Caplio GX100)

こういう景色を見ていると、たしかに日本は美しいと思う。しかし、今の世の中でそれを声高に言い立てて政治的に利用しようとしている人達
がいる。政治の手あかにまみれた「美しい国・・・」のスローガンはもう聞きたくない。欺瞞と隠蔽に満ちたその人達のやっていること、やろうと
していることは、この美しい国を汚しているのだから。
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-11 21:06 | 風景


<< 遠き日の道 留萌・黄金岬のネコ >>