江別やきもの市

台風がようやく去ったと思ったら、今度は震度6強の大きな地震が襲ってきた。まさに「災害列島」を実感させる。交通事故などもろもろの人為的
災害および台風や地震などの自然災害は、いつ何時おきても不思議ではないほど、我々の生活は災害と隣り合わせにあるのだが、ついつい
日毎の諸事にかまけてそのことを忘れているのも日常といえる。自戒して肝に銘ずるとともに、亡くなられた方々のご冥福と、怪我をされた方々
の早いご回復を祈りたい。

災害をよそ目に日常事を書くのは少し気が引けるが、江別市では毎年7月の第2土・日曜日に「やきもの市」が開催される。今年で18回目を迎え
て全道から400を超えるプロ・アマの陶芸家が出店を構えて出展する。やきもの大好き人のかみさんは毎年この日を楽しみにして、いそいそと出
かける。自分はやきものは不趣味なので、何年に一度くらいしか付き合わない。今年はきが向いたので行ってみたら、好天にも恵まれたせいか、
例年に輪をかけた人出で賑わっていた。
e0100772_22202544.jpg

e0100772_22205646.jpg

沢山のテントが軒を連ねている。これらの全部でやきものを売っている。
e0100772_22221863.jpg

e0100772_2223124.jpg

自分はこんなやきものが良いと言って、かみさんに馬鹿にされる。
e0100772_2224159.jpg

e0100772_22243668.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-16 22:25 | 街の風景


<< 江別やきもの市-その2 花のお宿 >>